「マフィア III あらゆる手段」ではドノヴァンを中心としてストーリーが展開

 「マフィア III あらゆる手段」では、ドノヴァンがリンカーンのサポート役兼相棒を務めます。彼は常にリンカーンと行動を共にし、ニューボルドーで渦巻く陰謀を解き明かしていく手助けをしてくれます。今回はドノヴァンと浅からぬ因縁を持つ敵が現れます。リンカーンは時に彼と肩を並べ、時に彼が運転するトラックの荷台に搭載した機関銃を操って、この宿敵と戦うのです。

では、もっと具体的に「マフィア III あらゆる手段」の内容を見ていきましょう。

ファンの皆さんお寄せいただいている『マフィア IIIに関する様々なご意見ご感想の中で、常に高い評価をいただいていることの一つに、物語を軸として小気味よく繰り広げられていくアクションがあります。そこで今回、このDLCの制作にあたっては、そこに焦点を置くことにしました。「「マフィア III あらゆる手段」は徹底的な冒険物語です。狙ったのは、最高のバディ(相棒)物アクション映画のような雰囲気を感じてもらうことです。」とは、シニアライターであるエド・ファウラーの弁です。

  • 広がる世界:ネタバレになるので詳しくは書けませんが、手がかりを追う中で、リンカーンたちはニューボルドー市内の新しいロケーション(デパート、レストラン、セーフハウス)に足を運び、ついには街の沖合に浮かぶ孤島へ乗り込みます。
  • 新たな支援オプション:「狙撃支援」の要請が可能になります。
  • 新たな車両:機銃を搭載したオフロード車と聞いてどう思います? かっこ良さそう? それは良かった!
  • 新タイプのミッション:ドノヴァンの“旧友”は他にも登場し、ニューボルドーの各所で賞金稼ぎミッションを引き受けることができます。
  • 敵を無力化する新たな武器:ダーツガンを使えば、離れた場所からターゲットを音もなく仕留められます。
  • これが何よりも大切:「マフィア III あらゆる手段」では、ドノヴァンはリンカーンのサポート役として常に一緒に戦ってくれます。

そう、今回はまさにドノヴァン尽くしです。「僕らがぜひ実現したかったのは、リンカーンとドノヴァンならではのストーリーを創り上げることでした。互いに背中を預けあえる本当の相棒同士であったこと… そして2人の絆は今に至るも変わらないこと。それらをストーリーを通じて表現したかったんです。ベトナム時代のことは詳しく語られませんが、「マフィア III あらゆる手段」をプレイしてもらえれば、その頃がどんなだったのか、何となく感じ取ってもらえると思います。」エドはさらに、ドノヴァンのセリフを書くことについて、次のようにも語ってくれました。

 

「ドノヴァンのセリフを考えていると、僕の内なる毒舌家が目覚めるんですよ。彼を通じてだと、普通の会社勤めではちょっとありえないことを言ったりやったりできます。彼のやり方には賛同できなくても、彼の行動理論は理解できる。これがドノヴァンというキャラクターについて僕が最も気に入っている点です。彼の行動には確固たる信念があり、“事実”こそ彼が行動する上での武器なんです。」

また、台本だけではなく、そこにレーン・コンプトンの演技が組み合わさればこそだ、とエドは言います。

「(ドノヴァンの)セリフは書いていてすごく楽しかったです。けれど、レーンが披露してくれた演技がまるで魔法みたいだったということも、はっきりと言っておかなければならないでしょう。彼はドノヴァンになりきって、自信満々な態度や主義信条をじつに見事に演じてくれました。まさに迫真の演技です。」

「マフィア III あらゆる手段」の配信開始まであとわずか。ニューボルドーに繰り出していく相棒たちの姿を皆さんに見てもらうのが今から楽しみです。銃弾が飛び交い始めるのは5月31日。どうぞデジタルストアにてお買い求めください。

Please enter your date of birth

Sorry, but you are not able to view the content of this website.