『マフィア III』 | “ファミリー”とは生まれた場所のことではない。命を懸けるべき対象のことだ。

去年の8月、我々は「Mafia」シリーズの新たな一章を世界に向けて公開し、1968年のニューオリンズをモチーフにした架空の都市ニューボルドーと裏切り者たちへの復讐を誓った男、リンカーン・クレイをファンの皆さんに紹介しました。

アメリカ最南部のど真ん中に位置するニューボルドーは、南部の伝統的な価値観が支配する近代的な街ですが、この地域で最も悪名高いいくつかの犯罪組織の根拠地でもあります。激動の60年代後半、南北戦争の戦火をくぐり抜けてきたこの南部の宝石に、リンカーン・クレイの復讐の嵐が吹き荒れようとしています。

戦場からニューボルドーに戻って来たリンカーンは、「“ファミリー”とは生まれた場所のことではない、命を賭けるべき対象だ」と悟ります。『マフィア III』の世界公開では、リンカーンの流儀と不屈の闘志に加え、新たな敵と何人かの味方を紹介しました。味方の中には懐かしのヴィト・スカレッタもいます。エンパイア ベイでヴィトと過ごした日々を思い出した方も多いのではないでしょうか。

不運にも『マフィア III』の世界公開を見逃した皆さん、リンカーン・クレイとニューボルドーの街が待つ世界に飛び込むチャンスです。

まずはここをクリック。その後、『マフィア III』、そしてリンカーン・クレイについてもっと知るため、ぜひ最新トレーラー「戻る道なき者」をチェックしてください。

Please enter your date of birth

Sorry, but you are not able to view the content of this website.